FC2ブログ

値上がり続く電気料金…なぜ?



北海道電力が先月、電力料金の値上げを申請しました。「電気料金が値上がりする」と聞くと、階段状に料金が上がっていく様子を思い浮かべるかもしれません。しかし、原発が止まった東日本大震災以降、電気料金は階段状ではなく、直線状に上がり続けています。

震災後、東京電力を例にとってみると一般家庭向けの電気料金は、この3年間で4割近くも値上がりしています。年間では約3万円の負担になっていて、じわじわと目に見えて分かるくらい負担が増えてきました。

東日本大震災以降、原発が発電をストップしました。そこで、電力会社は、原発で作るはずだった電気を石油や天然ガスで作らなければならなくなりました。原子力発電を火力発電に変えたことで増加した燃料費は年間3.6兆円、1日約100億円増加したと試算されています。これは電力会社にとって大きな負担です。

しかも、原子力発電所の代わりに動かしている火力発電所の燃料費増加分は、いまの電気料金の根拠になっている計画に含まれていないので「燃料費調整制度」が適用されません。これが電力会社の経営を直撃しています。東北電力、東京電力、北陸電力をのぞく電力6社は3期連続の赤字です。

実のところ、電力会社は原発の再稼働を見越して現在の電気料金を設定しています。北海道電力による今回の値上げ申請でも、3年以内に泊(とまり)原発3基の稼働を見越した料金設定にしています。つまり「3年以内に原発が動くのだったら、この料金で電気を提供できますが、そうでないならこの料金では提供できません」と言っています。

ほかの電力会社も事情は似たようなもので、たとえば、関西電力も2013年5月に料金を値上げした際、大飯原発など計4基の再稼働を見越した料金設定にしていますし、同じ月に値上げした九州電力も川内(せんだい)原発など計4基の再稼働を見越した料金設定にしています。

原発の再稼働の見通しが立たなければ立たなくなるほど、電力会社は値上げをせざるを得なくなる。北海道電力が電力料金の値上げを申請したのもこういう事情があるのです。


これ以上値上がりして欲しくは無いんですが…


↓ポチッと応援お願いします。


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミノッチ

Author:ミノッチ
ようこそ!!

時事ネタや芸能ニュース、バラエティ番組が大好きです。

お酒やギャンブルなども好きで最近は飲みに行っては記憶が飛んでます。

毎日こつこつ更新していきますので

よろしくお願いします。

当ブログはリンクフリーです

相互リンクも募集中です☆

忍者admax
ブログに貼ってお小遣いを稼いじゃおう 忍者AdMax
げん玉
ポイントを貯めて現金やウェブマネーに交換しよう!!
忍者admax
ランキング

人気ブログランキングへ

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
3678位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
988位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR