FC2ブログ

打率1割台なのに…阪神・福留はなぜ起用され続けるのか

阪神ファンからは、「何で福留を使うんだ!スタメンから外せ!」という、悲鳴にも似た声が上がっている。

21日のオリックス戦で福留は7番・右翼でスタメン出場も、4打数無安打。20日まで3戦連続安打を放っていた元メジャーリーガーだが、これで打率.194、2本塁打、7打点だ。

 中日時代の06年にMVPを獲得、2度の首位打者(02年、06年)を取った男も、13年に阪神にやってきてからは、かつての輝きを取り戻せないままだ。このままの状態が続けば、いつスタメンを外れ、二軍落ちしてもおかしくないだろう。

 しかし和田監督は、そんな福留をしぶとく起用し続けている。「監督としての主張がない。決断力がない」と言われることが多い指揮官にしては異例だ。それだけに外野からはこんな雑音も聞こえる。

「和田監督が福留獲得をプッシュした経緯があるだけに、温情起用しているのではないか。もしくは過去に、城島、小林宏をFAで獲得したものの、お荷物になって株主から『不良債権』と突き上げを食らった。福留を飼い殺しにすると、また同じように批判されかねないから、無理をして使っているんだろう」(マスコミ関係者)

■阪神にはおとなしい選手が多い

 ただ、阪神OBの一人は、「和田監督は、福留の闘志を買っているのかもしれない」と、こう続ける。

「打撃は結果が出ていないものの、守備力を重視する和田監督としては、守備面で最短距離で落下地点に入り、捕球、送球技術が高い福留は捨てがたい。しかも、ケガに負けない精神力もある。開幕3戦目の巨人戦の守備で西岡と交錯した際に、実は肋骨など複数箇所を骨折している。スイングするのはもちろん、痛くて眠れない夜もあったらしい。普通ならプレーできない体だったはずだが、若手に交ざって早出特打をしたり、休日返上で打撃向上に取り組んでいる。左手を骨折しても試合に出続けた金本(現評論家)ではないが、次代のレギュラー候補と言われながら、なかなか成長しない中堅、若手もその姿勢から学ぶことは多い」

 年俸1億5000万円の2年契約で阪神入り。結果が出ないもどかしさは誰より本人が感じているはず。過去の実績にあぐらをかかずに汗を流す福留は、おとなしい選手が多い阪神の中で、存在だけでも価値があるというのだが……。


結果が出ていないなら他の選手を使う事を考えたほうがいいと思いますが・・・

↓ポチッと応援お願いします。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミノッチ

Author:ミノッチ
ようこそ!!

時事ネタや芸能ニュース、バラエティ番組が大好きです。

お酒やギャンブルなども好きで最近は飲みに行っては記憶が飛んでます。

毎日こつこつ更新していきますので

よろしくお願いします。

当ブログはリンクフリーです

相互リンクも募集中です☆

忍者admax
ブログに貼ってお小遣いを稼いじゃおう 忍者AdMax
げん玉
ポイントを貯めて現金やウェブマネーに交換しよう!!
忍者admax
ランキング

人気ブログランキングへ

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
1397位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
358位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR